home>ソフトウエア>3次元有限要素法解析 AMaze>OmniTrak (荷電粒子)

3次元有限要素法解析 AMaze

OmniTrak (3次元荷電粒子軌道解析ソフト)

(▶︎ 2次元荷電粒子解析ソフトTrakはこちら)

3次元荷電粒子解析ソフトOmniTrakスクリーンショット

OmniViewによる電位分布および電子ビームの表示

機能

電場、磁場中の荷電粒子(電子ビーム、イオンビーム)の軌道と集団的ビーム物理のシミュレーション
および計算結果の加工・解析、可視化

解説

 

OmniTrak

OmniTrak はWindowsパソコン上で利用可能な、3次元荷電粒子ビーム解析(シミュレーション)用の最新のソフトウエア・ツールです。このソフトは有限要素法と洗練された補間技術を兼ね備えており、高速かつ正確に荷電粒子の軌道を計算します。

OmniTrak パッケージは、メッシュの生成、場の解析、粒子発生、軌道の追跡および解析を行なう完全なツールです。

OmniTrakには、高出力マイクロ波、真空マイ クロエレクトロニクス、光電子増倍管、粒子加速器、静電および磁気スペクトロメータ、電子顕微鏡、イオン移動性スペクトロメータ、真空イオン源、高出力相対論的電子ビームな どの分野に適しています。

(32ビット/64ビットのWindowsで利用可能。電場の計算のためHiPhiが必要です。また磁場のある系の計算にはMagnumが必要です。)

特徴

ポストプロセッサーOmniView のスクリーンショット(電気力線トレース機能)

荷電粒子解析ソフトOmniTrakの解析設定ウィンドウ
  • 分かりやすく、すぐに実行可能な例題の付いたマニュアル(現在英語のみ)
  • 様々な2次元および3次元のプロットが可能。
  • あらかじめ計算された電場や磁場の値を別の3次元メッシュに組み込むことができます。
  • ビーム生成磁場の3次元計算を行い、高強度相対論的電子ビームを自己無撞着にシミュレーションすることができます。
  • 自己無撞着な空間電荷制限放出機能により、複数種の荷電粒子放出と放出箇所を設定できます。
  • レンズの特性評価などのための、ストッピング面の高精度な補間。
  • 自動分析のためのバッチモード動作 。
  • パケージには、粒子の初期データを自動的に配置するGenDist と、プロットおよび分析を実行するポストプロセッサが含まれています。
  • イオン移動性質量スペクトロメータ内の軌道と通過時間を計算します。
  • 緩やかな電場・磁場の変化にも対応できます。電磁波と粒子の相互作用は考慮できません。
  • シンプルな設定画面
  • 価格情報および注文  
    (OmniTrakは「OmniTrakセット」、「高機能荷電粒子設計セット」、「XENOS」に含まれています。)

さらにOmniTrakについて学ぶには

関連ブログ記事