home>ソフトウエア>2次元有限要素法解析 TriComp>EStat (静電場)

2次元有限要素法解析 TriComp

EStat (2次元静電場解析ソフト)

estat_illus_h.png

EStatによる電位分布の色分け表示(左)および3次元グラフ表示(右)

機能

二次元静電場の計算(円柱および直角座標系)および計算結果の加工・解析、可視化

解説

EStat

EStat は、二次元直角および円筒座標系において、静電場解を得るための包括的なツールです。このプログラムは絶縁性および伝導性材料の複数の領域から成る任意の幾何学形状を取り扱うことができます。
EStat は形状適合メッシュを用いいた先進的有限要素法により速度と精度を両立しています。

インタラクティブな画像解析が可能な内蔵ポストプロセッサは広範な作図および分析能力をもち、電場のエネルギー、電場のピーク、そして静電容量などを自動計算します。EStat のパッケージは、高電圧工学、電子光学、電解メッキ、粒子加速器などの分野での研究や製品設計に用いることが出来ます。
(全バージョンのウィンドウズ対応、Mesh が必要。)

特徴

EStat

estat_setupdialog.png
  • 簡単な例題のついた、わかりやすい取扱説明書
  • 標準的パソコンで大量のメッシュ(数百万要素)が取り扱い可能。
  • ポテンシャルの等高線および三次元表示、要素ごとの電界強度の色分け表示などを含む広範な作図オプション。
  • すべてのウィンドウズ用印刷装置(カラープリンタを含む)をサポートした、出版品質のハードコピー。
  • 実用的な応用例のライブラリ。
  • ポイント・クリックによるインタラクティブな解の分析。
  • 大きな構造物における微小部分の解を求めるための新手法。
  • テキスト形式でフォーマットされた出力ファイルによる、市販アプリケーションや数学的解析プログラムへ容易な情報の受け渡し。
  • シンプルな設定画面
  • 価格情報およびご注文はこちら
    EStatは「静電場解析キット」、「高機能静電場設計セット」および「Trak荷電粒子解析キット」、「高機能荷電粒子設計セット」に含まれます。

さらにEStatについて学ぶには